CORPORATE OUTLINE 会社概要

アライ・リステム株式会社の半世紀近い歴史と未来の視点

会社概要

名称アライ・リステム株式会社
代表代表取締役 新井宏信
設立年月日昭和33年3月13日
所在地本社 管理部門神奈川県小田原市浜町4-28-10
TEL 0465-21-2500/FAX 0465-21-2650
首都圏・東京営業所東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
TEL 03-5219-1512/FAX 03-5219-1201
小田原工場神奈川県小田原市浜町4-27-18
TEL 0465-23-3161/FAX 0465-22-3753
静岡・吉田工場静岡県榛原郡吉田町住吉4577
TEL 0548-32-3145/FAX 0548-32-3529
山北工場神奈川県足柄上郡山北町山北2960
TEL 0465-79-1131/FAX 0465-79-1121
資本金30,000,000円
営業内容リサイクル部門 (リサイクル原料・製造加工部門)
■金属リサイクル (鉄・アルミ・銅・ステンレス等)
■プラスチックリサイクル (ABS・PC・PP・PS・PMMA・POM等)
■OA機器類リサイクル (パソコン・プリンター・ATM等)
■蛍光管処理 (直管型・サークライン型等)
■廃自動車リサイクル (破砕前処理)
■産業廃棄物収集運搬・処理 及び中間処理
■解体工事請負 (建物・設備・機械等)
■鉄・アルミ・非鉄の売買
■中古鋼材の売買
■製紙原料の売買
■第一種フロン回収
主要所属
加盟団体
社団法人日本鉄リサイクル工業会関東鉄源協同組合
神奈川県資源回収商業協同組合湘南鉄源協議会
小田原市資源リサイクル事業協同組合社団法人神奈川県産業廃棄物協会
(社)神奈川県環境保全協議会神奈川県計量証明事業協会
主要取引先・日産車体マニュファクチュアリング株式会社
・日産トレーディング株式会社
・伊藤忠メタルズ株式会社
・富士フイルム株式会社
・エムエム建材株式会社
・サンエスエンジニアリング株式会社
・富士ゼロックス株式会社
・メルシャン株式会社
・ユシロ化学工業株式会社
・株式会社 虎屋
・昭光通商株式会社
他 問屋大手ゼネコン各社及び各行政機関
主要取引銀行・日本政策金融公庫 中小企業事業 厚木支店
・みずほ銀行 小田原支店
・横浜銀行 小田原支店
・さがみ信用金庫 本店
・三菱東京UFJ銀行 平塚支店

会社の沿革

昭和11年新井商店として神奈川県小田原市中島において発足する。
昭和26年同市南町3-728番地へ営業所を移転する。
昭和33年個人営業を法人組織に改め、新井金属株式会社と改称する。
昭和37年事業拡張に伴い、同市早川1丁目へ早川工場を新築する。
昭和41年浜町4丁目へ工場を移転。本社及び浜町工場とする。
昭和47年静岡県榛原郡吉田町へ、吉田工場開設。
昭和55年本社浜町工場に、大型プレス機、及びプレスを新設。
平成01年吉田工場敷地内に鉄骨ALC平屋建1660㎡倉庫新設竣工する。
平成02年本社・浜町工場内に大型ギロチン工場を新設。
平成09年12月隣接地(旧GS)411坪を取得、車庫の確保と事業の多角化を図る。
平成10年10月隣接一部遊休地にテナント導入、レッドバロン〈ヤマハオートセンター(株)〉と賃貸契約を締結する。
11月廃棄物再生事業者登録〈第G00096号〉の認定を受ける。
平成13年10月山北新工場建設開始する。建築延べ面積1873.72㎡1階:金属リサイクル、2階~3階OA機器関連リサイクルプラントとする。
ISO14001 認証を目指し、キックオフ。(EMS・環境安全室専従設置する。)
11月イエローハット鍵山相談役御一行、 弊社工場5S状況視察来訪される。
平成14年2月産業廃棄物収集運搬業・横浜市許可取得する。
3月アライ・リステム株式会社に社名変更をする。
4月山北新工場 竣工引渡し完了する。
第1種及び第2種フロン類回収業登録をする。
5月中間処分業取得(圧縮・破砕・分離/選別・洗浄)
8月産業廃棄物収集運搬業・横須賀市・静岡県・東京都許可取得する。
10月山北工場ISO14001認証取得する。(KPMG審査登録機構にて)
平成15年3月山北工場にて廃自動販売機の回収・フロン適正処理・再資源化を開始する。
7月産業廃棄物収集運搬業・埼玉県許可取得。
10月山北工場ISO14001のサーベイランスに適合する。
平成16年5月第2種特定製品引取業者登録をする。(フロン回収破壊法)
本社・新社屋建設プロジェクトスタート。(2004/5/28)
7月破砕業許可取得。(自動車リサイクル法)
10月山北工場ISO14001の第2回サーベイランスに適合する。
11月一般貨物自動車運送事業認可。(事業者番号 470005930)
12月バックホー購入。(日立製1.2㎥1500øマグネ仕様)
平成17年1月OHSAS18001 自己宣言を目指し、キックオフする。
第2種フロン類回収業及び第2種特定製品引取業者が自動車リサイクル法へと移行。
2月本社・新社屋建設着工(2月10日)
3月Privacy policy制定 (3月1日)
8月一般貨物自動車運送事業の運輸を開始する。(8月9日・車輌台数5台)
京都伏見稲荷大社に鳥居を奉納。
山北工場ISO14001の第1回更新審査に適合する。
9月使用済蛍光管リサイクルシステム導入する。(9月26日)
平成18年3月委託業務部OHSAS18001:1999自己適合宣言 (3月6日)
「産業廃棄物処理業者の優良性の判断に係る評価制度」の基準における、情報公開をHP上で開始
本社・新社屋完成。
小田原工場にて、引取り用車両を増強する。(クレーン付大型車)
7月小田原工場にて、引取り用車両を増強する。(大型アームロール車)
9月審査会社統合による登録証の変更(日本検査キューエイ株式会社)
4月静岡吉田工場にて一般市中屑の買付け開始。併せて日立製07m3
11月バックホー・カッター仕様導入。
12月小田原工場にて、引取り用車両を増強する。(4トンアームロール車)
平成19年4月山北町と蛍光管リサイクル処理委託の契約を締結する。
山北工場にて金属くず、廃プラスチックの廃棄物再生事業者登録(第G00250号)を受ける。
神奈川県産業廃棄物収集運搬業に係る廃乾電池(金属くず・汚泥)の積替・保管が許可される。産業廃棄物収集運搬業・横須賀市・静岡県・東京都許可取得する。
5月開成町と蛍光管リサイクル処理委託の契約を締結する。
山北工場 中間処分業許可更新(5年)する。(許可期限H24年5月24日)
6月静岡吉田工場 金属くず廃棄物再生事業者登録(廃再第69号)を受ける。
7月静岡吉田工場にて、引取り用車両を増強する。(クレーン付3トン車)
業務範囲拡大に伴い、首都圏エリア東京営業所を開設。(江東区有明)
9月業務拡大に伴い、社内間専用回収車両(大型アームロール長尺コンテナ車)を配備する。
平成20年2月静岡県の解体工事業登録〈静岡県知事(登19)第413号〉を受ける。
3月4tアームロール(脱着式コンテナ専用車)を導入。
7月横浜市の産業廃棄物収集運搬業許可品目に汚泥、燃え殻を追加し10品目とする。
8月横須賀市の産業廃棄物収集運搬業許可品目に汚泥、燃え殻、紙くず繊維くずを追加し10品目とする。
東京都の産業廃棄物収集運搬業許可品目に汚泥、燃え殻、紙くず木くず、繊維くず、ゴムくず、がれき類を追加し10品目とする。
足柄上地域県政総合センター・一日所長(近隣高校生徒12名)弊社山北工場を見学する。
9月川崎市の産業廃棄物収集運搬業許可品目に紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、ガラスくず、がれき類を追加し10品目とする。
10月山北工場 連結式圧縮梱包機及び油圧堅押圧縮機を増設。
山北工場ISO14001の第2回更新審査に適合する。
平成21年2月山北工場 循環経済新聞(日報アイビー)取材。
4月山北工場において廃棄物の処理及び清掃に関する法律第12条の5第1項の規定に基づく電子マニフェストシステムの加入者となる。
5月小田原工場、廃棄物再生事業者登録を継続登録する。
自リ法の引取業者登録を更新する。
7月自リ法の破砕業許可を更新する。
相模原市と使用済蛍光管リサイクル処理契約 締結。
平成22年3月吉田工場 三立機械工業製、被覆線剥線機導入。
小田原工場 坂戸工作所製、鉄骨カッター(20tクラス用)導入。
10月山北工場ISO14001のサーベイランスに適合する。
産業廃棄物収集運搬業、柏市許可取得。
平成23年3月最先端のOSに対応した販売管理計量システムを稼動。
4月廃棄物処理法施行令の改正のため、川崎市、横浜市、横須賀市、相模原市の許可は神奈川県許可に、さいたま市の許可は埼玉県許可に、静岡市許可は静岡県許可にそれぞれ合理化される。
8月小田原工場、クボタ製デジタルトラックスケールに移行。
10月山北工場ISO14001の第3回更新審査に適合する。
平成24年2月産業廃棄物処分業(山北工場)に係る優良基準適合確認申請を行い、優良産業廃棄物処理業者(神奈川県処分業)として認定された。
6月産業廃棄物収集運搬業(神奈川県知事許可)に係る優良基準適合確認申請を行い、優良産業廃棄物処理業者(神奈川県収集運搬業)として認定された。
8月千葉県の解体工事業登録〈千葉県知事(登-24)第1002号〉を受ける。
千葉県の第一種フロン類回収業者登録〈12A142598〉を受ける。
埼玉県の解体工事業登録〈埼玉県知事(登-24)第1239号〉を受ける。
埼玉県の第一種フロン類回収業者登録〈埼玉県知事 第19140167号〉を受ける。
10月産業廃棄物収集運搬・千葉県許可〈01200010876〉を取得する。
小田原工場に住友建機製バックホー(SH240-5)を購入する。
(クイック油圧カプラーにより、リフマグとポリップ バケットの交換が容易に可能。)
平成25年6月公益社団法人全国産業廃棄物連合会より地方優良事業所表彰を受ける。
7月大型アームロール車(脱着式コンテナ専用車)を購入する。
10月住友建機製バックホー(SH225X)を購入する。
11月自社運搬車両の駐車場と自家用給油所及び入場車両待機場が完成する。
周囲を緑化し、環境負荷の低減を図る。
平成26年2月小田原工場・廃棄物再生事業者の登録更新申請を行い、継続登録される。
5月山北工場の荷降ろし積み込み用重機(リープヘル製)が老朽化したため、住友建機製バックホー(SH120LC-5)を購入し、入れ替えを行った。
10月産業廃棄物処分業の許可更新申請を行い、許可される。